オフィス

実績No.1のデータ復旧業者|日本データテクノロジーのメリット

地震の発生に備える

IT

日本は地震が多く発生する国です。日本列島の地下深くには、活断層があり、活断層がズレることによって、日本で大きな地震が発生するのです。地震の震度は全てで10段階あり、1番激しい揺れなのが震度7です。震度7は建物が倒壊してしまう恐れがあるほどの地震です。耐震設計をしている自社ビルも、倒壊してしまう可能性もあります。もし震度7の大地震が発生したら、大事なデータを全て失ってしまう可能性もあります。そのため、企業の武器でも大事なデータは、クラウド上にバックアップを取っておきましょう。

クラウド上にバックアップをとっておくことで、地震が発生してもデータは無事です。物理的な障害が発生しても、社内のパソコンやタブレット端末に保存するのではなく、インターネット上に保存する感覚です。そのため、地震で自社ビルが倒壊しても、すぐにデータを復旧することができます。インターネット環境が利用できる場所なら、どこでもデータを復旧することができます。そのため、クラウド上にバックアップをとっておくと、大事なデータを守ることができます。

さらに、コストの面からもクラウドを利用した方が安くなります。現在は無料で利用できるサービスも多くあるために、サーバーをレンタルするよりも格安でバックアップを取ることができます。導入も非常に簡単で、WEBの専門知識を必要としません。そのため、多くの企業がクラウドを活用しています。無料版は容量に制限がありますが、一度利用してもいいかもしれません。